ザイバンなら必ず禁煙に成功できる

SUCCESS 禁煙というのはとても難しく、喫煙していた期間が長いほど自分の意思で禁煙する事は難しくなってきます。
そういった時に便利なのが禁煙治療薬であり、薬を使用する事で禁煙成功の確率が高くなります。
日本国内で禁煙治療薬を処方してもらうには、病院で禁煙外来を受診する必要があり、定期的に診察を受け続ける必要があります。
しかし途中で通院をやめてしまったりすると薬を処方してもらえず、禁煙に失敗してしまうというケースも少なくありません。

通院する事無く薬を手に入れるには、海外で販売されている禁煙治療薬を購入する必要があります。
禁煙治療薬は幾つか種類がありますが、その中でも有名で使用している人が多い薬がザイバンです。
ザイバンはもともとは抗うつ薬として開発されていましたが、その過程の中で禁煙に対して効果がある事がわかり、現在のような禁煙治療薬となりました。
日本未承認の薬のため国内では手に入らないので、必然的に海外から輸入する事になります。

個人輸入での注文や手続きなどは、個人で行なう場合には、外国の業者と行なう必要がありますが、英語などの外国語がよく分からない状態ですと上手く注文できなかったり、商品が届かないなどのトラブルとなってしまう事もあります。
そういった面倒な手続きを省いて注文したい場合には、輸入薬を取り扱う業者を利用すると便利です。
業者は多くありますが、服用する薬を取り扱うので、信頼のできる所で注文するようにしましょう。
海外から輸入するので国内での通販より時間が掛かるという事は頭の中にいれておきましょう。

ザイバンの禁煙に対する効果は高く、日本での治療で禁煙が出来なかった人もザイバンを服用して禁煙成功しています。
また処方してもらう為に病院にいく必要がないので、続けやすいというメリットもあります。
使用方法は、まず最初の3日目までは1日150mgの服用をして、4日目からは1日2錠、300mgを服用するようにします。
4日目からの服用の仕方は朝と夕方にそれぞれ1錠ずつ服用する事が推奨されています。
禁煙の1週間前から服用を始めて、その後も8週間以上の継続使用が可能となっています。

使用に関して禁忌などは報告されていませんが、成分としてニコチンを含んでいる商品を併用すると、体内のニコチン濃度が急激に上昇して副作用が強く出てしまう可能性があるので、ザイバンを使用している時には他の禁煙補助剤などは使用しない方が安全です。

ザイバンの作用について

禁煙治療薬であるザイバンにはブプロピオンという成分が含まれており、禁煙をするのに役立ちます。
ブプロピオンは脳内のノルアドレナリンに作用してドーパミンを放出し、ニコチン依存による禁断症状を抑えてくれる働きがあります。

もともとは抗うつ薬として開発されていた成分であり、セロトニンやエピネフリンなどの脳内物質の働きにも作用する事から、タバコ依存に対して高い効果を発揮するものであるとされています。
日本の禁煙治療でよく用いられているニコチンの置き換えによる禁煙で上手くいかなかった人にも有効な禁煙治療薬です。

ザイバンの主な副作用

ザイバンの一般的に知られている副作用としては口が渇いたり、嘔吐感を覚える事があります。
他にも便秘や頭痛、睡眠障害などが報告されていますが、こういった症状のほとんどは徐々に緩和されていくとされています。

使用は服用後の体の状態をみながらになりますが、多くの場合はほとんど副作用を感じないか、あっても軽微なもので済みます。
まれに起こる重度の副作用としては、呼吸障害、皮膚の発疹、めまいや動悸・息切れなどです。
未承認の薬のため服用には十分注意して、もしこれらの症状が出た場合は速やかに医師の診断を受けるようにしましょう。