妊婦がタバコを吸うと胎児に影響する

妊娠をしたら、まず禁酒禁煙というのが基本となりますが、中にはタバコがなかなかやめられないと悩んでいる妊婦さんもいるのではないでしょうか。
これはタバコに強い依存性があるためで、吸わないことでイライラしたり攻撃的になったりする症状が現れてくることもあります。

なんとなく口さみしい、いつもの習慣で吸ってしまう、そのような選択を続けることで胎児に影響を与えるということをしっかりと学ばなければいけません。
まずはタバコとはどういうものなのかを理解しておきましょう。

タバコは百害あって一利なしなどといわれますが、まさにその通りで、その成分の中には400種類以上の化学物質が含まれています。
その半分以上は殺虫剤などの成分でもあり、高い依存性を持つニコチン、毒薬のひとつであるヒ素、毒ガスの成分としてもつかわれるシアン化水素、他にもカドミウムやホルムアルデヒド、トルエン、ベンゼンなどの有害物質で構成されています。

有害物質だけでも恐ろしいものですが、さらに恐ろしい発がん性物質も50種類以上含まれているといわれ、様々な病気の引き金になるのがタバコなのです。
妊婦が1本タバコを吸ったからといって、すぐに早産や流産などのリスクがあるという訳ではありませんが、その1本を吸うたびに様々な有害物質を体に取り込んでいるということを忘れないようにしましょう。

ではなぜ、妊婦がタバコを吸うと胎児に影響してしまうのかについても考えてみましょう。
胎児は栄養素を母体の胎盤からへその緒を通して摂取しています。
有害物質は妊婦の血液を通して胎児に送られてしまうため、胎児にも悪影響が出てしまうのです。
大人の体にも悪影響を与えるタバコの有害物質が小さな胎児に与えるであろう影響を考えてみれば、今すぐにでもタバコをやめるべきであるとわかるはずです。

タバコの影響は妊娠初期までに禁煙できればほぼ心配ないといわれていますので、妊娠が分かったその瞬間から禁煙できるのが理想となります。
タバコの量が多くなればそれだけリスクが大きくなりますので、妊娠を望むのであれば、早い段階から禁煙を意識した生活を送ることが重要です。

タバコは胎児だけに悪影響を及ぼすものではなく、母体リスクそのものにも深刻な影響を与える場合があります。
親になるということはこれからも様々な責任を担うということです。
家族みんなの健康を考えれば、出産後も含めて禁煙を進めていくことをおすすめします。

妊婦がタバコを吸うと流産や早産のリスクが高くなる

妊婦がタバコを吸ったときに腹部エコーで胎児を見てみると、苦しそうにもがいている姿が映ります。
タバコの有害物質が血管を収縮させ、胎盤から十分な酸素が供給されないため苦しんでいるのです。

タバコを吸うたびに胎児はこのような状況に陥ってしまうため、早産や流産、低出生体重児などを誘発してしまいます。
低出生体重児とはいわゆる未熟児のことで、タバコの本数が多いほどそのリスクは上がります。
赤ちゃんは小さく生みたいという理由で喫煙をしてしまう未熟な妊婦もいますが、低出生体重児は障害が残る可能性もあるためこのような考えは絶対にやめましょう。

タバコの影響による胎児の病気について

有害物質を多く取り込んだ胎児は先天異常のリスクも高まります。
先天異常は何らかの障害がある赤ちゃんが生まれるということですので、真剣に考えなければいけません。

出産後でも母乳を与える母親はもちろん、家族が吸うことでも乳幼児突然死症候群などのリスクが上がります。
なんの前触れもなく死に至る乳幼児突然死症候群ですが、タバコの影響は無視できないのです。

妊娠を望む女性も異所性妊娠などの母体リスクが大きくなります。
異所性妊娠は子宮外妊娠とも言われますが、喫煙が多い女性のほうがその割合が多くなるのではないかといわれていますので、無意識にタバコを吸っている人は今一度立ち止まって健康について考えてみましょう。